知人からの借家

家を借りようと考えた時、不動産屋に出向いて紹介してもらうのが一般的な探し方です。
最近では、不動産屋がインターネットにも物件を紹介しており、物件のチェックはインターネット上ですることもできるようになりました。
しかし、契約であったり実際の物件やその周辺管渠を確認してから家を決める必要があるため、すべてをインターネットでは行えません。
また、物件によってはインターネットには掲載せず、不動産屋でのみ紹介される物件もあります。
そのため、一度は不動産屋へ来訪して仲介してもらって家を借りるのが最も多い借り方と言えます。
しかし、中には知人が持っている不動産を紹介してもらって借りるという方法もあります。

知人から紹介してもらって借りるという方法は、昔は多くありそうやって家を借りたことのある人も多くいました。
近所の世話好きのおばさんや、会社の上司が引越しや一人暮らしを考えている人に不動産を所有する知人を紹介したり、不動産屋で営業をしている友人を紹介するのです。
最近では、インターネットの普及や上司や近隣の人との関わり方が変わってきたことから、このような方法で家を借りる人は減りました。
知っている人から紹介をしてもらえることで、自分にとって良い物件が見つかる場合もありますが、この方法は実は良い家の探し方とは言えない場合も多くあります。
そこで、ここでは借家を探す際に、知人から紹介してもらって借りる方法が良くないとされる理由について紹介します。

Copyright © 2014 知り合いから紹介してもらう借家 All Rights Reserved.